top of page
  • 執筆者の写真Tsunehisa Araiso

CTOのつれづれブログ ~ラテラって?~

更新日:3月5日

こんにちは、ラテラCTOの荒磯恒久です。

この挨拶にも、気軽に使っている「ラテラ」って何でしょう? 

ラテはイタリアのコーヒー・・・ イタリア語みたいと感じられた方は言語感覚抜群です。


ラテラ、“la terra”はイタリア語で大地、地球とか土を表します。また、○○地方というような意味にも使われます。同じ言葉はフランス語では “la terre”、ラテールと日本語表記しますがフランス語の r の発音は、日本語、英語、ドイツ語、ロシア語などとはずいぶん違った音です。意味はイタリア語とほぼ同じです。

英語やドイツ語にもterra系の言葉があります。テラス(terrace、ドイツ語では terrasse、テラッセ)がそうです。意味は「テラス」の他に台地とか階段状の土地とかがあります。


la terra の la は定冠詞、英語の the に当たるので、意味は terra にあります。フランス語、イタリア語、スペイン語などはもともとラテン語から1000年以上かけて出来上がったものです。これらの国の人々にとってのラテン語は、日本での奈良・平安時代の古語みたいなものです。

ラテン語を調べてみました。ラテン語には冠詞が無いので terra そのものです。意味は地球、土地、地面、土、地方とあり、現代語と変わりません。


実は terra には大事な意味があるのです。ローマ神話の女神だったのです。それも、大地を生み出したというとても古い神なのです。その後、農耕の神という役割も与えられました。紀元1世紀のローマの碑文に名前が刻まれています。「TERRA MATER」、英語で “Mother Earth(母なる大地)” と表現されます。



写真は紀元3世紀のローマの彫刻です。農耕の女神らしい風格がありますね。ローマ神話では Terraと同じ役割をする女神にTellus(テルス)もあり、ちょっと混乱します。

この神はギリシャ神話のガイア、 Γαῖα (Gaia)と同じと見られています。ガイアは神々の生まれる前の混沌(カオス)の中から生まれ、自分の力だけで天の神ウラーノス、海の神ポントス、山の神ウーレアーを生んだ原初神で、地母神であり天を含んだ世界そのものとされています。


株式会社 La Terra もその名に恥じないように無菌人工土壌「クリスタルグレイン」の技術を磨いていきたいと思います。


閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page